2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
eiga  10/27/2011  
今月は映画を2本観ました。

まず、1本目「エンディングノート」
熱血営業マンとして働き続け67歳で退職したサラリーマンが、
第二の人生を歩み始めた矢先、ガン宣告を受ける。
残された家族と自分の人生を総括するために“エンディングノート”書く。
そんな父親の姿を娘が収めたドキュメンタリー作品。

普段こういう辛そうな映画は率先して見ない。
間接的に監督さんのことを知り、観賞にいたる。

この映画、始終泣いて見終わるのかと思いきや
笑って泣いて…ドキュメントを見ている感じではありませんでした。
(予告編の方が泣けます)
死を宣告されてからのお父さん。
なぜ、あんなにめげずにいろんな行動ができたのか?
もし自分だとすれば…と考えるとあんなふうにはできない。
このお父さんは69歳で亡くなられた。
また、自分に置き換えてみる。
残り30年。そう思うとなんかあせる。
やりたいことをやっとかないと!!

もう1本は「ステキな金縛り」
三谷幸喜監督作品です。
上映時間は2時間22分。(だったかな?そのくらい)
全く長く感じなかった。
観た後、もう一度観れるくらい面白かった。

幽霊さえも善人にしてしまう三谷監督は
善人者か?偽善者か?

落ち武者役の西田敏行さん。
何とも言えないリアクション&表情が面白すぎ!

主人公の深津絵里さん。
かわいい!髪の毛ぼさぼさでもチャーミング。
えーなぁー。

こちらも笑い有り涙ありの映画でした。
スポンサーサイト
 | つぶやき  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://sinopusz.blog23.fc2.com/tb.php/317-b3da7ec1

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード